pagetitle

レーシングストライプ のウンチクしょー保護編


クレイジーカラーズです 😛 

レーシングストライプをつける上で皆様が気にされている耐候性や劣化などについて

今回詳しくご紹介させていただきます 😀 

レーシングストライプ をつけて数年すると使用環境、保管場所などにより大きな差が出てきます。

フィルムに限らず車体全体で起こることですが一番の原因は紫外線による劣化です。

紫外線だけではなく塩害、鉄粉、雨、鳥フン、フィルム専用ではないワックスなども原因となります。

保管場所が屋内と屋外なだけでもフィルムの持ちは相当変わります。

屋内であればある程度の定期的な洗車で長期的に綺麗な状態を保つことができますが

屋外の場合、一般的な洗車のみではフィルムは白くなっていき表面はボロボロになります。

ですがご心配はいりません!

どうすれば屋外でも長期的に保つか簡単なメンテナンス方法をご説明します。

 

<洗車とワックス>

洗車を行うときにシャンプーを使う方がほとんどだと思いますが

そのシャンプーにワックス入りやコンパウンド入りなどの文字が入っている場合は

即使用を中止してください。

クリア塗装のあるボディと違いフィルムには表面を守る保護的な物がないため直にミクロのダメージを与えてしまいます。

(強い液剤はボディーにもほんとはよくないです 😯 )

また洗車をする前に表面上のダストをよく水で流してから洗車してください。

シャンプ洗車後に泡を流す際も泡をよく流し落とすことが重要です。さっとながしても表面上にシャンプーが残っている場合、界面活性剤が残るためウォータスポットになりやすくなります。

洗車しているのに綺麗にならない人はシャンプーを流しきれていない場合があります。拭き取り用のタオルで拭き上げる前に、泡を落とした後さらに表面上を優しく洗い流す水洗いタオルを用意し水をかけながら車体を一周できるとベストです。

面倒ですが一工程増やすことで劣化を遅めハッピーになれます。

シャンプーなどにもワックス入りの記載がある物もありますがワックスは油脂成分のため表面を酸化させ、汚れと一緒になってフィルムを傷めてしまいます。

また液体のワックスでも塗りすぎるとストライプとボディーの境目にたまり白くなってしまいます。

即使用を中止してください(笑)

ここでラッピング、ボディーコーティング専門の

クレイジーカラーズオリジナル保護剤の紹介です 😆 

洗車後にこちらのコーティング剤を使用することによりUVをカットし、さらに犠牲皮膜という薄い膜を形成させフィルムを守ることができます。ボディーにも使用ができるため非常に便利です 😛 

劣化が進行する前に是非ご利用くださいませ❤️

 

 

お気軽にお問い合わせくださいませ♪

カーラッピング/コーティング専門店 クレイジーカラーズ 
受付:東京都台東区元浅草4-6-5プラーズ元浅草1F
TEL 03-5839-2299  ご依頼はお問い合わせフォームも併用してご利用下さいませ。

★★★お車でお越しのお客様★★★
春日通りもしくは浅草通りより1本側道に入った通り沿いに店舗がございます。
店舗真向かいがガソリンスタンドのENEOSになります。
お越しいただいた際はまず店舗前にお車を駐車してください。

★★★電車でお越しのお客様★★★
最寄駅は都営大江戸線・つくばエクスプレスの「新御徒町駅」になります。
徒歩5分程度、お電話いただければお車でお迎えに参ります。
その他にもJR山手線「御徒町駅」都営銀座線「稲荷町駅」「田原町駅」都営浅草線・つくばエクスプレス「浅草駅」JR総武線「浅草橋駅」都営大江戸線「蔵前駅」もご利用いただけます。

  • グレア
  • グレアプロフェッショナルポリッシュ
  • グレアウルトラウォッシュ ミニボトル
  • グレア ビニール&レザートリートメント
  • グレア タイヤマジック
  • グレア ターボアクション
  • グレア ターボアクション